MENU

信仰について

皆様の中には、今生きている私たちの幸福にどうして先祖供養が必要なのかと疑問に思われる方もおられるでしょう。
下の絵をご覧になって下さい。私たちが今こうしてこの世に存在するのは、ご先祖様がおられたからです。

人間を1本の樹に例えた時、幹の部分は自分自身、枝の部分は子供や孫、根の部分がご先祖様です。幹である自分や枝である子孫が大きく成長するためには、根がしっかり張っていなければなりません。根が腐ってしまうと幹、枝は枯れて倒れてしまいます。

それには、太陽の光と水が必要です。

人間にとって光とは、神仏様を信じて仰ぐ信仰であり、水は先祖供養にあたります。
子孫繁栄、家運隆盛には信仰と先祖供養が欠かせません。ご先祖様を供養しないということは、根のない花瓶の切花と同じで短い命となります。
これが大自然の摂理であり、御神親様の教えです。

光(信仰)というのは、私達が幸福な人生を歩めるように人生の足元を照らす光明のことであり、正しい教え(神教え)をまもっていくことです。
水(先祖供養)というのは、根である先祖の心のうるおいとなり、私たちの真心(まごころ)の行いのことです。
この光(信仰)と水(先祖供養)がなければ木(自分・子孫)は繁栄しません。
これが大自然のしくみであり教えです。

原因と結果

世の中の不幸現象(苦)には、必ず原因(因縁)があります。原因(因縁)をなくすれば、現象(苦)は無くなります。
幸せには因縁の消滅が大切です。高麗木教では一人一人に因縁消滅の仕方を教えています。
貴方の代で因縁の消滅をしていきませんか?

因縁は川上(先祖)から川下(子孫)へ流れます。
原因である川上を浄め(掃除)をすれば、結果である川下の不幸現象はなくなります。

観音神親様より「心のあり方」「人生の歩み方」を教えていただけます

人それぞれの身辺には、苦・悩み・不幸事が生じますがこれらは全て現象という結果です。
現象には必ず原因があります。原因を無くせば現象は消えます。
高麗木教は貴方の苦・悩みの原因を見抜き良くなる方法と努力の仕方を教えます。

それらを実践することにより、浄化が始まり心の変化・環境の変化が起こり進化していきます。そして、精神・肉体の病気を癒されます。
・心身共に健康で幸福な人生を全う出来るようになります。
・神仏様に感謝・ご先祖様に感謝・父母に感謝・生かされている事に感謝出来る人になります。

高麗木(こうらぎ)教では観音神親様より本当の「信仰の意味」と正しい「先祖供養の方法」、そして「心のあり方」「人生の歩み方」を教えていただけます。

高麗木教は高い所(天上界:てんじょうかい)から麗(うるわ)しいお姿で人の心に光明と智慧(ちえ)を与えに降りてこられた「観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)様」をお祀りしています。
毎月一日・十八日は午後一時より御神祭(みまつり)を催しておりますので御自由に御参拝ください。

 

©宗教法人 高麗木教会