水子供養とは

水子の魂は、肉体が無いだけで成人と同じように親にまつわりついて成長し、家族をじっと見ています。

この世に生を受けながら親の勝手で闇に葬られてしまった魂で、家族の一員なのです。
放っておかれた水子は幸せそうな家族を見て、ひがみ、ねたみ、うらみを持ち家族にまとわりつき無理(不幸現象)を言います。

真心で詫びて供養すれば安らいでいきます。