一寸教(No.61)

観音経の一節に「聞名及見身」というのがあります。

いつもお観音様はあなた達のことを見て、聞いて下さっています。

ある時Aさんが人の悪口を言い出しました。
隣で聞いていたBさんも同じゆに悪口をいいます。
近くにいたCさんもDさんも・・・周りの人が同じように悪口を言い出し気がつけば皆、同じ渦の中に入っています。


Zさんは悪口は聞いたけど自分は言ってないから同じ渦には入っていないと安心しています。
Zさんは本当に安心できるのでしょうか?

たとえば二人で泥棒に入りました。
一人は見張りでもう一人は実行犯でした。
見張りの人は「私は実行犯ではないから無罪です。」と言っても通用しません。同じようにつかまります。

Zさんも同じです。自分は悪口を言ってないかもしれないが、聞いているのに注意をしなかったら同罪です。(若有罪)

「即得解脱」とは、まず同じように悪口を言ったことに懺悔をし、悪口を聞いても同じように言うのではなくたしなめることによって渦の中からでることができます。
御神教えを戴いている私たちは、若有罪で渦の中に入らないよう若無罪でなければなりません。

不許複製・禁無断転載